もしもの時の質屋まとめサイト

ダイヤモンドの指輪と金のネックレス、どちらを質屋に入れるべき?まずは相場を確認できるものから優先的に考えましょう。

質屋を使った場合の利息はどれくらい?

質屋の利息は昔にくらべて格段に低くなりました。

またメール査定が普及しているので、品物を持ち込む必要がなくなりました。

概略をお話ししましょう。

▽最初は無利子、2カ月目でも1%を切る利息。

質屋の利息は、といち(10日で1割)などと言って、昔はとても高い利息でした。

質屋の歴史は長く、江戸時代以前からありました。

“といち”が定着したのは江戸時代に入ってからすぐのころです。

現代では質屋も過当競争の時代に入りました。

FC展開やチェーン展開する質屋が増えて、大きな資金で設備投資をして客を呼び込み、低利で融資しないと集客できない状況にあります。

そこで利下げ合戦となり、初回の1カ月は無利息、2カ月以降でも0.95%などという店も増えました。

▽低利なうえにメール査定で金額がわかる。

100万円を借りても1カ月の利息が9,500円ですから、まあまあ借りる方の負担は少ないほうです。

ところで質屋もIT化がすすんで、メールで査定してもらえるようになったというのをご存じですか?

質屋に入れたいモノを添付画像にして送れば、だいたいの金額を査定して返信してくれます。

来店しなくていいこと、その系列商品の鑑定に強い目利きが査定してくれる点です。

▽質屋の利用も、パソコンやスマホを使った方が便利。

労せずして複数の店から見積もりが取れます。

質屋というと現物を持ち込まないといけないので不便。

しかしメール査定なら、店によっては査定センターで目利きが値踏みしてくれます。

価値を知らない店主とは違って安心。

複数の店を利用して見積もりが取れます。

Comments are currently closed.