もしもの時の質屋まとめサイト

ダイヤモンドの指輪と金のネックレス、どちらを質屋に入れるべき?まずは相場を確認できるものから優先的に考えましょう。

質屋で高く査定されるものとは?

ダイヤモンドと金は同じ貴金属ですが、金には取引相場があり、ダイヤモンドに公開された市場はありません。

それを前提に、どちらを質屋に入れるべきか考えてみましょう。

▽金には誰でも確認できる共通の相場がある。

質屋に貴金属を持ち込むときは、1つの鉄則があります。

「質流れを前提にするならどちらでも」、「精算して手元に戻すなら金を」という1点です。

なぜかというと、金は相場が出ているので、素人でもそれを確認でき、質屋に持ち込んでも適正な価格かどうかが判別できます。

適正な鑑定額をベースに借りておけば、返すときも納得できます。

一方でダイヤモンドは素人では判断できないので、質屋の鑑定任せになります。

何軒か店を回って高い値をつけてくれたところでお金を融通してもらえば、流しても損とは思えません。

▽“いくらお金を貸してくれるか”を考えることが大事。

ダイヤモンドと金、どちらを質屋に入れるべきかと考えるより、いくら貸してくれるかを前提にしましょう。

自分がいくら必要かを計算して質屋選びをします。

金は相場をみて頭に入れておき、ダイヤモンドは鑑定書のグレードを確認しておきます。

ダイヤモンドは、買ったときの値段は当てにならないので、必ず質屋を何軒か回る必要があります。

その点で言っても、金のほうが合理的です。

▽質屋の鑑定に振り回されずに判断できるのは?

ダイヤモンドも金も同じ貴金属ですが、質屋の鑑定に振り回されずに判断できるのは金のほうです。

ダイヤモンドの価値を正しく鑑定できる人が質屋にいるかどうか、はっきり言って疑問が残ります。

価値とはほど遠い下値で質入れしてしまって、質流れさせてしまってはたいへんです。

まず相場の分かる金を質草として優先し質屋を回ってみましょう。

もし金でもダイヤモンドでもなくブランド品でなんとかしたいというならば、その場合もやはり出来る限り事前にどの程度の値段で査定されているのか確認しましょう。

須賀質店のホームページには主要ブランドの査定額が公開されています。

現在のものではなく取引時の査定額となってはいますが一つの参考にはなりますので、目安として頭に入れておきましょう。